Basic Bene Niwa

BLOG

ストライプ

st1
st6
st3
st7
st5

おはようございます。

画像は、今、メンテナンスで、お預かりしてる車達の一部です。
たくさんのご入庫、ありがとうございます。
ふと眺めていたら、お預かりしてる全部で7台のうち、偶然にも5台もの車がサイドストライプ入りでしたので、ご紹介してみます。

1本のストライプで、グッとクルマの表情が変わって見えますね!
なんだか見てるだけで、楽しい気分になれます。

ストライプで個性的にイメージチェンジは、いかがでしょう?
たとえば、ミニカーで、赤いボデーで黒いサイドストライプのがありましたけど、すごくカッコ良かったですよ!

そういえば、ウチのジャンニーニも水色ストライプでした。

ページの先頭へ戻る

ウインドウまわりのシーリング、三つのメリット

w1
おはようございます。

先日、blogで、話題にしましたフロントガラスの交換と、雨漏れを防ぐためのシーリングですが、もしも、シーリングが不完全で、雨が、車内に侵入するような場合は、ぜひとも、なおしてあげたいところです。

①まず、雨漏れしなくなるというのが、一番目のメリットというか目的です。
②錆を防ぐ。よく500でウインドウまわり周辺から錆びている車をみかけますが、これは、ウインドウウェザーとボデーの中に侵入した水分がいつまでも乾かずに、錆の原因を誘発してると思われます。当店で完璧にシーリング処理した車は、ウインドウ周辺から錆びる可能性は、ほとんどゼロです。
③ガラスの変色を防ぐ。旧型500で、フロントガラスの外周全体が、一定の幅で白く曇ってしまってるのがたまに見かけますが、これは合わせガラスのために、古くなったガラスだと、合わせ目の隙間から侵入する湿気などが、原因でガラスに変色が起こるとおもわれます。
これも、あらかじめ、シーリングを施すと、余分な湿気などが入らずに良い状態を永く維持できると思います。

10年程前から当店の販売車両に関しては、全車、完璧な処理をしてから納車してますが、気になる方は、お任せくださいね。
見た目も、バッチリ美しく仕上げます。

ページの先頭へ戻る

エンジンマウントのリフレッシュ

em1
em2
em3
em4
おはようございます。

旧チンクエチェントを、いつも多く扱わせていただいてますが、画像のエンジンマウントの状態や消耗具合によっても、振動や乗り味に個体差がうまれると感じます。
新品部品で、ゴムブッシュやマウントスプリング、マウントゴムダンパーなど、手に入るので、古くなってもまた良い状態にリフレッシュが可能です。

二枚目の画像は、エンジンマウントスプリングです。
右が、取り外した古いバネ。左は、日本製の強化タイプスプリングで、毎回ではありませんが、オーナーのお好みに合わせて、最近はお勧めすることもあります。

三枚目の画像は、サポートアームの下側に隠れていて、見逃しがちな、マウントゴムダンパーです。
写真は、外した古いパーツなのですが、このように、ゴムがひび割れる程度なら、まだ良いのですが、もっとひどい時は、ゴムのかたまりそのものが、ごっそりめくれて無くなってたことが、過去16年の間に、二回ありました。
その場合、クランクプーリ上側と、リアマウントパネルが、アクセルオフ時に、直接、バンバンと当たって、エンジンクランクケースに、ひび割れを起こす可能性があります。
以前の一台は、なんとかケース割れを、まのがれれましたが、もう一台は、運悪く割れてしまい、クランクケース交換作業になりました。
見逃すと、一大事になりますし、とても大事な部品です。当店に、入庫のお車は、いつも、各部、念入りにチェックしてアドバイスさせていただいています。

四枚目画像も古くなったゴムブッシュです。

おまかせくださいね。

ページの先頭へ戻る

ブルウ、イエロー、ベージュ

mi500

mi5001
週末の今日は、パーツがいろいろ届いたので、3台程、作業を進めました。

まず、ライトブルウはオイルパン交換、取り付け。
お待ちいただいてる間に作業終了。

これからの暑い季節に向けて、冷却効果とドレスアップ効果もある、少し容量の多い3リットルタイプアルミオイルパンの取り付けでした。
定番の人気商品ですね。

ka12
次にイエローは、外したところの写真ですが、新品ウインドウとウェザーゴムが到着したので交換。雨漏れ対策のシーリングもバッチリ完了しました。

sa13

sa12
そしてベージュは、ワイパーアームの付け根部分がグラグラしてたので、新品のリンケージに交換作業完了です。
欲しかったパーツがそれぞれ揃いました。良い状態になっていく500を見れるのは、オーナーでなくとも、私も嬉しいです。

納車をお楽しみに!

ページの先頭へ戻る

旧型フィアット500 パーツ

l1

l2

l3
おはようございます。

旧型フィアット5oo用パーツご紹介です。
500のドアインナーハンドルは、黒色プラスチック製ですが、二枚目の写真のように、ポキッと折れてしまうことも珍しくありません。
こんな時、同じプラスチック製の部品も入手可能ですが、他に、折れにくいアルミ製のハンドルがありますので、かえてしまうのもおすすめです。

丈夫で、長持ち。ちょっとしたドレスアップにもなりますね。販売用パーツ、ストックしてます。

ページの先頭へ戻る

ロッカーアームとタペット調整

ta1
ta2
ta3
おはようございます。

写真は旧型フィアット500のエンジンパーツです。
500に、お乗りの方なら、メンテナンスに、Shopさんなどにお車を預けた時などに、タペット調整とか、バルブクリアランスという言葉を、耳にしたことがあるかもしれませんね。
バルブとロッカーアームの隙間にシックネスゲージをさして調整します。
ここで注意なのですが、たまにロッカーアームのあたり面が摩耗してしまって、えぐれるようにくぼんでたりするものを見ることがあります。
これだと、せっかく調整しても、正確なクリアランスにならなかったりすることもあります。
多少、ロッカーアームが摩耗していようが、バルブのクリアランスがマニュアル規定よりガバッと広くずれた値でも、意外と走れてしまいますが、新品のロッカーアームassyが入手できますので、交換してキッチリ調整してあげると、ガチャガチャやかましかったのが、本来のより静かな心地良いエンジンに甦ります。
当店にメンテナンスに入庫のお車は、状態を点検し、摩耗具合によっては、交換をおすすめしています。

ページの先頭へ戻る

フロントガラスの交換

g1
おはようございます。
只今、入庫中のお車チンクエチェント、新品のフロントガラスへの交換、追加作業のご依頼をしていただきました。
ありがとうございます。
ガラスは、部品到着済みですので、ウインドウウェザーゴムが届いたら、交換作業開始です。

ボデーの多少のキズやいたみは気にならないよという方でも、フロントガラスだけは、新品だと、視界良好で、ドライブしててもとても気持ち良いですよ!
いかがですか!

取り替え後の雨漏れもしないように、念入りに作業いたします。

ページの先頭へ戻る

ドッスン!バッタン!

m3

m2

m4

m5

m1
おはようございます。

只今、入庫中の遠方からの二台の旧型チンクエチェント。
どちらのお車も、専門店からではないそうですが、割と最近、ご購入されたようです。
今回の作業でのご依頼事項ではありませんでしたが、試運転で走らせると、どうも二台とも、段差を乗り越えたり、アクセルのオン、オフ時に、ドッスンバッタンと後方から、音と振動がきます。

車体裏側を点検すると、まずは一台目のお車(1枚目写真)は、ミッションマウントのゴムのひび割れ。一目りょうぜんですね。
新品のミッションマウント(2枚目写真)に交換します。一台につき、2個使用します。

そして二台目のお車(3,4,5枚目写真)は、パッと見、ひび割れもなく良さそうですし、ひょっとすると見逃してしまいそうですが、ミッションをグイッと上方向に浮かしてみると、ミッションマウントが、五枚目写真のように、みごとにパックリと、分離してめくれていました。
こんなものかなあと、異常に気付かず乗ってらっしゃったようですが、これで、もっと楽しく快適に乗れますね!

エンジンのマウントも、同時にチェックがおすすめです。

ページの先頭へ戻る

メンテナンスには臭覚もはたらかせて

v1

v2
只今、エンジンなどの修理で、初めてお預かりしている、チンクエチェントです。
トラックで運ばれてきて、お帰りは遠方まで自走で帰られるご予定ですし、お客様からの整備のご依頼事項以外にも、気になる点は他にないか、慎重にチェックをすすめています。
試しにエンジンを空ぶかししながら、様子を見ていると、バッテリーとガソリンタンクのあるフロントトランクルームを開くと、どうもニオイがする。

もしやと思い、バッテリーの充電電圧をチェックすると、見事に18ボルト振り切り!これはやばい状態です。(上の写真です。下の写真は、修理後です。)
オルタネータに交換されてるようですが、バッテリーの過充電で、モワッと、バッテリーから異臭を放っていました。
バッテリー、爆発しなくて良かったですね!

臭覚と書きましたが、今回のようにニオイがしなくても、バッテリー電圧や、充電状況は整備の際に、いつもチェックしてますので、当店のお客様はご安心ください。
他にも、慎重にチェックと作業を続けます。お任せくださいね!

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る