Basic Bene Niwa

BLOG

ハンドメイド

ub1
ub2
ub3
ub4
ub5
ub6

ペイントの手直しから帰ってきたクリームイエローの旧チンクエチェント。

ドアの内張りをベニヤ板でハンドメイド中。

ポンチで穴あけ。

カンナで四隅の丸みを微調整して削りながら。

何回かドアに借り付けして。

1/1プラモデルを組み立てるように、こつこつと作業しています。

そしてこの後、クロスを張ってゆきます。

今回はKさまのお選びいただいたブラウンのカラーです。

 

このような内装のリフレッシュも当店ではおこないます。

 

他のお客様のお車も同時進行中です。よろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

旧チンクエチェントにレデューサー取り付け

rd2
rd3
rd4
おはようございます。

旧チンクエチェントにマエカワエンジニアリングさんちのレデューサーを取り付けました。

Mさんが、先日イタジョブのイベントに参加して、見事景品としてゲットされた物です。

おおっと!デザインは、特別な2016イタジョブ限定品ですね。

簡単取り付け。当店のお客様にも浸透しつつあるパーツです。

レデューサーの効果や価格などは、丹羽までお気軽にお問合せください。

ページの先頭へ戻る

今日もこつこつやってます②

ww2
ww1

今日もblogをご覧いただきありがとうございます。

納車日の近い黄色いフィアット500が二台です。

写真は、フロントウィンドウ廻りのゴム、ウェザーストリップに雨漏れ防止のシーリングを施しました。

当店のお客様は、雨降りの日にお車を使用されない人も多いのですが、私は全車にこの雨漏れ防止シーリングをしっかりとしてから納車してます。

たとえ雨の日乗らなくても、例えば洗車した時などに、ウェザーの隙間から入り込んだ水が、いつまでも湿ったままで、ウインドウ周辺のボデーの錆を誘発する原因が防ぐ事ができますので価値ある作業だと思ってます。

あと合わせガラスのフロントガラスが白っぽく曇ったようになってる車も見ることがありますが、これも湿気が原因だと思います。

Y様、O様お楽しみに!

お任せくださいね!

 

 

ページの先頭へ戻る

今日もこつこつやってます。

ww3
ww4
おはようございます。

納車日の近い名古屋O様の黄色い500F。

満充電した新品バッテリーを取り付け後、充電電圧をチェックすると、エンジン吹かした状態でも約13.05V。これはちょっと充電が低いですね。

配線やらいろいろ、手直しして測定します。14.48V。よしこれでオッケーです。

O様のお車には、一般的に充電が弱いと言われてる、ダイナモがついてますが、私はこのダイナモでもメンテナンス次第で、充分な充電能力を発揮すると思ってます。

自信ありです。お任せくださいね!

ページの先頭へ戻る

旧チンクエチェントのアクセルの戻りが悪い 点検修理

aw2
aw3
おはようございます。

旧フィアット500で、アクセルを離してもペダルの戻りが悪いという不具合修理です。

ワイヤへの給油をしてみても、いまいち症状改善がみられない場合は、思い切って、アクセルワイヤをアウターチューブごと新品に交換がおすすめですね。

ペダル操作も軽くなり、エンジンのレスポンスも良くなったかのようなフィーリングです。安全のためにもおすすめいたします。

ページの先頭へ戻る

黄色のオーバーフェンダー 仕上げ中

ys1
ys2今日もblogをご覧いただきありがとうございます。

黄色の10インチのオバフェンチンクエに新品バンパー取り付け。バンパー裏側がすぐに錆びるので、当店では取り付け前にあらかじめ裏側だけシルバーで塗装します。

画像は、まだ塗装前の状態です。
ys3
エンジンは、当初シリンダーヘッドのオーバーホールだけの予定でしたが、結局、チェックのため、バラバラ状態に。

クランクを専門の加工屋さんに送り、作業は一時中断。まだまだ残りの作業は続きます。

他のお車も何台か、同時に作業進行中です。

ページの先頭へ戻る

旧チンクエチェントのシフトリンケージ修理

ms4
ms2
ms3
ms1おはようございます。

シフトレバーを操作しても、ギアが思うように入らない。シフトのフィーリングがどうも変だ。

そんな時は、ご相談ください。

ミッションオーバーホールしなくても、シフトリンケージのゴムブッシュ交換で、治る場合もあります。

今回作業中のM様のお車も、ゴムブッシュとシフトダンパゴムの交換で、甦りました。

ページの先頭へ戻る

オッと!タイヤがバースト寸前!

ba5
只今、当店に入庫中の旧チンクエチェント。

クルマを走らせながら、エンジンは調子いいなあなんて思いながらも。 ん?途中からなにか違和感が。

そのまま走行してみると、速度を上げれば上げる程、妙に気になる振動と音が、次第に大きくなってきました。

アクセルのオンオフをわざと繰り返してみると、特に加速時にダダダッと、音と振動。

ミッションマウントでもまた傷んでるか?と予想しながら車をふと見てみるとると、十何年も前のタイヤが付いていて、タイヤブロックが浮き上がり、今にもバーストしそうな状態に!

走行距離の少ないクルマで、まだタイヤの山が減ってないからと、あまり古いタイヤを使い続けるのは、注意が必要だと、あらためて思いました。

ページの先頭へ戻る

当店のジャンニーニにレデューサーを取り付けました。

re1
re2
re3
ジャンニーニに取り付けてみました。

マエカワエンジニアリングさんとこのスペシャルパーツ。

レデューサーです。

レデューサーの機能につきましては、マエカワエンジニアリングさんのホームページをぜひご覧ください。

今後、当店でもレデューサーの販売、取り付けなどお取扱いさせていただきます。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る