Basic Bene Niwa

BLOG

フィアット500Fのワイパーリンケージ交換

ws1

こんにちは。

たまに行ってる作業です。

旧くなってガタの大きくなったワイパーリンケージの交換。

車両はもちろん旧型チンクエチェント。
ws2

今回作業するのは、2日前のblogに登場の愛知県Fさまの500Fタイプ。

ワイパーアームを外した状態が上の写真。

パッと見、なんともなさそうですが、指でつまんで引っぱり上げたりゆすってみたのが、下の写真。
ws3

本来ここは、カチッとしてて指で動かしても動かない部分なのですが、写真のようにグラグラになってる車もあります。

こうなると、この隙間の穴から雨や洗車したときの水などが車内に浸入する原因になる場合もあります。

あと、ワイパーブレードがフロントガラスに密着する力が弱まってしまい、ワイパーのふき取り能力がひどく弱まってしまってる車もみたことあります。
ws4

車両から古いワイパーリンケージをワイパーモーターごと外しました。

私はこの作業をするとき、ガソリンタンクも邪魔臭いのでタンクも取り外してから作業してます。
ws5

ありがたいことに、新品のワイパーリンケージが入手可能です。

ただし、取り付け前に多少削ったり加工したりと、すんなりいかないのは想定内です。

年式により、ワイパーリンケージの形状に種類があるので、個人で作業を行うかたは、部品の取り寄せに注意が必要です。
ws6

新品のリンケージにもともと付いていたワイパーモータをつけます。
ws7

ガタの出てる部分。
ws8

交換作業終了。

F様のお車は、その他のご依頼事項の作業も終了。

このあと試運転チェックを行います。

当店は本日もハリキッテ営業中です。

ページの先頭へ戻る

500ジャルディ二エラのクランクプーリー

cp21
cp22
cp23
cp24

こんにちは。

毎日暑いですね!

写真はフィアット500のワゴンタイプ、ジャルディ二エラ専用のクランクプーリー。

通常の500のエンジンと違ってピストンが横向きに動くからでしょうか。

バランス調整のためのウエイトが、かなりゴツイですね。

写真はありませんが、同様にフライホイールも、バランスを考えて作られたジャルディだけの特別な専用の物です。

組み立ての際に、フライホイールの決められた取り付け位置を誤ると、とんでもない振動の大きいエンジンになってしまいますね。

一番下の画像は、私のお宝、カタログコレクションの一部です。

ページの先頭へ戻る

ジャルディニエラの作業再開 マフラーで手こずった件

hm11
hm22

作業中断していたジャルディ二エラ。

造りがあまりにも悪くてそのままでは取り付かなかったジャルディニエラ用の新品のスポーツマフラー。

一度組んだシリンダーヘッドまでもう一度取り外したりして。。

少し手こずりましたがなんとかなりそう。

詳しいコメントはまたいずれ。

ページの先頭へ戻る

ジャルディ二エラのエンジン組み立て 途中までサクサクと順調、そしてスポーツマフラー取り付けでつまずく。

jd21

ジャルのエンジン、横からのカット。
jd20

フライホイール側からのカット。
jd22

正面からのカット。

ここまでは順調に組立作業の進んだジャルディニエラ用のエンジン。

jd19

ところがここで問題が発生。

今回、取り付け予定の新品のジャルディ専用スポーツマフラー、カッコいい2本出し。

シリンダーヘッドに取り付けたいのですが、造りの精度がお世辞にも良いとは言えない。。。イマイチどころかイマニ、イマサンといった感じでしょうか。

取り付け部分の穴の位置がズレズレでまったく取り付けできません。

(ある意味想定内でした。新品パーツで苦労させられることは珍しいことではありませんので。)

 

 

jd12
jd13
jd14

jd18

jd17

jd15

穴を拡げるにも、かなり分厚いし。。。

ちょっと一時作業中断。

他の車の作業をしながら頭を冷やします。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

ジャルディ二エラ用ハイカムシャフト

jd5
jd3
jd4

ジャルディ二エラ用のハイカムシャフトです。

普通のボデーのチンクエ用とは、形状が異なりますね。

使用できるのはジャルディ専用品に限られます。

一度組み込んでしまえば、普段は目にすることも出来ないパーツ。

取り付け前に記念写真。

ページの先頭へ戻る

500ジャルディ二エラ

jd1
jd2

雨の一日。

500ジャルディ二エラ チューニングプロジェクト。

やっと手をつけはじめています。

他の作業の合間にちょっとずつですが進行中。

オートマイスター様スペシャル軽量ビッグバルブ組込み完了です。

ページの先頭へ戻る

旧き良き、コルビューのバケットシート。シートの張替えの巻き。

cb4

ヒストリックカーに似合うデザインのバケットシート。

旧いコルビュー。

ふた昔ほど前の物だと思うので、なかなかこのタイプの良いものは手に入らないでしょうね。

今回、アバルト850ルックのオーナー、Nさんが、ヤフオクで落札したボロボロのコルビューを、これって綺麗になおる??って相談してくれました。

出来上がりの写真が上の一枚です。

作業してくれるのは、当店が頼りにしてる外注さん。今回も期待以上の良い出来上がりになりました!

丸いシルバーのハトメが、クラシカルでレーシー。カッコいいと思いません?

私の街乗り用のオレンジベレGにもつけたいくらい。

ビフォー写真がありませんが、ボロボロのシートを表面の生地だけでなく、中身のクッションまで新品交換。

Nさん。シート装着が楽しみですね!

ページの先頭へ戻る

旧チンクエチェントのボデーの傾きを点検調整。

bat1
bat2

京都ナンバーの黄色いチンクエチェントのオーナーさんからのご依頼。

「ボデーが運転席側がかなり下がって傾いていてすごく気になるんですけど。。」

大なり小なり傾いてることは珍しくもないんですが、今回は私も気になるほどかなり左に傾いていたので点検。

クルマはダウンサスがついてた状態。

乗った感じは傾いていても直進性もバッチリでなんら問題なかったんですけどね。

なぜでしょう?頭をひねった結果、リアのスプリングの上下の両端の取り付け向きを微調整してみて写真のような感じに。

リアスプリングのヘタリの左右差も考慮したのですが、今回はまったくそれは関係なかったですね。

どうでしょ?これならオッケーのレベルですよね?京都S様、画像をご確認ください。

あ!肝心な作業前のけっこう傾いてたときのビフォーの写真を撮るの忘れました。

 

その他、ハザードランプ修理、ワイパー修理、各部消耗品、油脂類、バッテリー交換、キャブの清掃、タペット調整、点火系パーツの交換、エンジン調整などなど。

すべての作業が完了しました。

そういえばここ最近、石川県、神奈川、長野、京都、静岡と遠方他県からのメンテナンスご依頼が連続して続いてます。

みなさん、電車で引き取りにみえて自走にてお帰りになられます。

ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る

チンクエチェントのミッション、シフトフォークの破損。

sf6

sf7

当店販売の旧型チンクエチェント500Rタイプ。ミッションのシフトフォーク破損。

ミッションオイルを抜いたら、ぽろっと上の金属片がオイルと共に落下してきました。

イヤな物をみてしまいました。

こんな状態でもシフトリンケージの調整次第で普通に乗れてしまいますが、見てしまった以上このままではどうにも気持ちが悪い。

何もかも承知の上で乗る自分のクルマならいざしらず、お客様の乗るお車。

なおします!

パーツ屋さんにパーツを問い合わせるもメーカー欠品。中古を取り寄せるにしても2から4週間ほどとのこと。

500Rは500FやLと違いRタイプ専用のミッション。

ところがさいわいにしてシフトフォークは、F,L,R各タイプ共通部品のようですので、当店が予備にストックしている500F,L用ミッションのひとつをばらしてシフトフォークを使いたいと思います。

 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る