Basic Bene Niwa

BLOG

旧型チンクエチェント。 ヘッドライトリレーキット発送します。

rk1

こんにちは。世間はお盆休みの真っ最中でしょうか。

当店は今日も営業中ですが、暑さのため普段の50パーセント程度の気合で程々にやってます。

お客さんが来れば、店を抜けて一緒に喫茶店で涼んだりとか。

 

話は変わりますが、写真はウチのblogを見つけて通販のご注文を受けていたヘッドライト用リレーキットです。

品切れしてましたが、数セットを準備できました。

当店のお客様の場合、リレーの装着率は99パーセントです。なので、まずチンクエのヘッドライトの明るさに不満の声は聞きません。

もしもヘッドライトが暗いとお悩みのかた。ひょっとしてリレーが付いていないとか?一度確認されてみては?

お待たせしていたK様にさっそく発送します。

ページの先頭へ戻る

旧型チンクエチェント用パーツ ご注文の品

ts1
ts2

F様から、注文いただいていた旧型チンクエチェント用プラグコード。永井電子製。

まれに走行中、プラグコードがプラグから外れて単気筒にという経験されたオーナーさんもいます。

コードの金具部分が弱くなると、抜けやすくなります。安心ドライブのためにも、そんなときは潔く新品コードに交換が正解ですね。

右側コイル用、左側コイル用の2タイプありです。

グレーのほかに赤色などもあります。

商品とは関係ありませんが、見つけた海外動画。

まるでアニメさながら。すごい走りですね!

当店は本日もハリキッテ営業中!

ページの先頭へ戻る

旧チンクエチェント用パーツ。頼まれていた探し物。

sg11
sg12
sg13

雰囲気の良いアルミ製のナンバーランプ。(通常はプラスチック製がほとんどです)

なんでも簡単にパーツが手に入るイメージのチンクエかもしれませんが。

雰囲気と味わいのある当時物パーツとなるとレアな場合もありますね。

今回、一個、販売用に在庫できました。

画像は磨いてない状態ですが、磨けばピカピカになると思います。

お客様のSさんから、「いいの見つかったら教えて」と前々から言われてたので、このあとSさんに優先的にメールしてみようかなと思います。

ページの先頭へ戻る

旧型チンクエチェントの修理。違う、そうじゃない!原因はこっちだったの巻き

tg6

こんにちは。

日曜日。朝からセミが鳴いてます。

当店は本日も元気に営業中です。

只今、走行不能にて作業中の車。

突然、ガラガラ音とともに、前にも後ろにも走行不可能に。

こうした場合、ほぼ間違いなくドライブシャフトとハブスリーブのギザギザ、スプライン溝の磨耗なのですが。(上の写真は新品ですが参照してください。)

しかし今回は。。。

珍しい!

違った!そうじゃない。

今回の原因は下の写真の部品。

ドライブシャフトジョイントが原因でした。

 

 

tg2

ぱっと見は、なんとも無さそうですが。

tg3

よく観察するとここが怪しい。

 

tg4

試しにプライヤーで開いてみると。

ぱっくりと、割れてました。

これでは、シャフトが回転しても空回りして駆動力がタイヤに伝わりませんね。

tg1

上は新品のドライブシャフトジョイント。今回これに交換します。

tg6

予想してたこちらの部品。上の写真のパーツは今回は交換の必要なし。使用しません。

tg7

ちなみにジョイントの刺さる相手は上のハブですが、こちらも点検の結果、今回は新品には交換しません。(これは参考写真ですので新品の画像です。当店でストックしてる物です。)

20年営業しててドライブシャフトジョイントの割れたのは2度目。

500のF,L,Rタイプでは非常にレアなトラブルだと思います。

(ただし、前開きドアの初期型Dタイプは例外。ここが非常に弱いのです。そのお話はまたいずれ。)

ページの先頭へ戻る

旧型チンクエチェント 届いた部品の検品

kyo
kyo1

こんにちは。

祝日の今日は、みなさんお出かけでしょうか?

今日も暑いです。でも今このパソコンのある事務所の机のそばにはエアコンも扇風機もありませんが、窓から心地よい自然の風がそよそよと入ってきています。

音楽をかけてないととても静かで、時々すずめがチュンチュン鳴く声だけが聞こえてきます。

そして一番上の写真の部品はチンクエチェントの新品の床(左側用)です。

名古屋K様の薄緑チンクエに使用予定。右側も同じく新品にします。

そして二番目の写真は。おおーっと!私の求めていたパーツと違うパーツが届きました。

私はサイドステップパネルのインナーの左右が欲しかったのですが、とどいたのは間違ってアウターパネル左右分でした。(アウターも今回の作業に使いたいのですが、もともとストックをもっていますので)

でも、こういう場合でもまず私は返品しません。絶対にクレームなどもいいません。またいずれ使用する機会が来るでしょうから。いまだにパーツが入手できるということ。それだけでも心からありがたい事だと思ってますので。

何があろうとすべては想定内です。

そして下の9枚の写真のクルマ達。

今週の当店の動き。おくるまの出たり入ったり。納車したお車。あらたにお預かりしたお車。オイル交換にご来店のお車。

ありがとうございます。
kyo3
kyo4
kyo5
kyo6
kyo8
kyo7
kyo10
kyo11

kyo12

みなさん、暑いのに元気ですねー!

私?私はジャンニーニ、乗ってません。たまに眺めるだけで満足です。だって暑いじゃないですか。笑

 

ページの先頭へ戻る

外人さんのスカG

おはようございます。

動画のスカG。S54型のピカピカのスカイラインを見ると思わずおおーっとなります。

外人さんだけど、日本の旧い車を大切にしてますね。

どんな思い入れがあるんでしょうね。感心します。

 

ka3
ka4

上の写真は交換作業のため取り寄せした旧型チンクエチェント用の新品ドライブシャフト。

名古屋ナンバーH様の赤いオーバーフェンダーチンクエに使用します。

シャフトのギザギザ部分が磨り減って今にも走行不可になりそうな状態なので、そうなる前に未然に交換します。

壊れちゃってから直すか。壊れる前に直すか。

今回は壊れる前に。

be3

そしていすずベレット1600GTRの査定です。

旧チンクエばかりのイメージの当店ですが、ベレットGTとフェアレディーSP/SRの買取りも行います。

ぜひご相談ください。

 

 

 

当店は本日もハリキッテ営業中です。

ページの先頭へ戻る

ETC取り付け。 旧チンクエチェントはやはり可愛くて素晴らしいクルマ。

et1

名古屋のH様の愛車に、ETCを取り付けしました。

最近では当店のお客様のほとんどの旧型チンクエチェントにETCを装着済みです。

やはり便利ですものね。

ん?てことは、けっこう皆さん、高速道路もへっちゃらで走らせてたりするんですね。

このとても小さな50年程も前のクラシックカーを。

旧チンクエチェントは小さな車ですが、ちゃんと整備されたクルマだと、ロングドライブをしてもクルマも、そしてドライバー自身の疲労感も意外と少なくて済むんですよねー。

ほんとにチンクエチェントは素晴らしいクルマだと思います。

ページの先頭へ戻る

旧型チンクエチェントにハザードランプ取り付け、そしてベレット

hz2

お預かりしたA様のチンクエチェント。
hz1

今回のご依頼項目のひとつのハザードランプの取り付けを行いました。

チンクエチェントは製造された年月日によって、ハザードランプやバックランプが無しでも車検が通る車と、付けていないと通らない車があります。

今回はA様のご要望で自主的に取り付けを行いました。

私の赤いジャンニーニにもハザードつけようかなあ~と思ってる今日この頃です。

いざという時やっぱり安心ですからね。取り付けをご希望の方がいらっしゃいましたらお任せくださいね!
hz4

そして自分のベレットです。

きのうの大磯でのジムカーナの余韻が少しまだ残っております。ついつい気になったところをガマン出来ず触りたくなりました。

ベレットのキャブレターです。

きのう気になった点、その①です。

連続した小回りのきついカーブを曲がると、キャブがゴボゴボいって吹けあがりが悪くなる症状が発生したので、キャブの油面を少し調整して下げてみました。

hz3

これでゴボゴボが解消されると良いのですが。
hz5

気になった点その②です。

サイドターンがしたかったのですが、前日、サイドブレーキワイヤーをカチッと調整したにもかかわらず、まったく効きが悪くダメでした。

これはどうも調整だけでなくてブレーキドラムを研磨したりシューも新調しないとダメかもです。以前はもう少し効いてたはずなんだけど。こちらはバラしたまま作業中断しました。作戦を練ることにします。
hz6

その③です。ハンドルが遠いきがしたので、バケットシートの背もたれ角度を立て気味になるようシートステーの穴位置をずらして調整しました。

その④は、ミッションです。2速から1速にシフトダウンのとき、どうにもスムーズに入りません。これはミッションを持っている予備に載せかえるかオーバーホールしないとダメっぽい感じです。うーん、これは後回しにします。

以上の四点が気になったのですが、普通にサーキット走行で走る分にはどれも全く気にならなかったことです。やはりサーキット走行とジムカーナでは使用条件が異なるせいかいろいろ気になるものですね。

ベレットは自分のなんで、次は秋ごろに走れたらいいなくらいの気長な気持ちで、仕事の合間に、ボチボチと弄れれば幸せです。

今回はきのうの走行で気分が乗ったので少しだけ触ってみました。

明日からは、今日さわったA様の水色チンクエとH様595赤オーバーフェンダーを作業します。

 

 

ページの先頭へ戻る

旧型チンクエチェントのオールペイント 続きの作業などetc

at1
at2

オールペイントの作業が終わり板金屋さんから帰ってきたチンクエチェント。

続きの作業。いろいろと付属品を取り付けていきます。

ウインドウが取り付きました。

窓のふち、ウェザーストリップも新品です。

とくにフロントガラスから雨漏れしないようシーリングも完璧にします。
at3
at4
at5
at6

オールペイントしたクルマの意外な盲点。といっても初歩的なことですが。

ネジ穴に塗料が付いたままだと、アース不良をおこしやすいですね。

アースポイントとなるネジ穴部分には、タップをたててあらかじめ塗装を落としてからパーツ取り付けを進めます。
at7

上の写真は機械加工屋さんに外注にだしていたフライホイールが帰ってきました。

クラッチ板の当たり面が荒れていたので平面研磨、修正をしてもらいました。

新品同様ツルツル滑らかに蘇りました。

at10

こちらはS様のパンク修理。今回はパンク修理というより、中のチューブを新品にしました。

チンクエのタイヤは中にチューブを使用してます。パンク修理も可能ですがあまり古くなったチューブは思い切って新品に替えてしまったほうが安心かも。

そして2CVのワイパーブレード注文のY様、近日入荷しますのでよろしくお願いします。

他にもお待たせしてますお客様、同時進行で作業を行ってますのでもうしばらくおまちください。

当店は本日もハリキッテ営業中です。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る