Basic Bene Niwa

BLOG

旧型フィアット500のセルモータ

kf25
kf24
kf26

今月中に納車したいと思ってる売約済みの黄色フィアットです。

セルモータのワイヤがほつれているのでワイヤを新品に交換を予定してるのですが、ついでにセルモータ本体も車両から取り外して単体テストで点検してみたらどうも調子が悪い。

ブラシの量は減りも少なくて良好なのですが、長年使い込んだスイッチが接触不良のようです。

接点を磨いて試してはみたものの、より安心を求めてやはり新品のセルスイッチに交換しておきました。

I様、お楽しみに。

今日は土曜日の定休を返上して作業を進めてました。

ページの先頭へ戻る

旧型フィアット500用のリアキャリア

rc5
rc6

黄色いフィアット500Lタイプのオーナー様からご注文をいただいていたキャリアを取り寄せしました。

エンジンフードに取り付けるタイプです。

皮のトランクをこれに載せると、ますます可愛くなるんですよねー。

ここ数年の人気商品です。

常時在庫をしてはいませんが、ご依頼があれば取り寄せ可能ですのでご紹介です。

ページの先頭へ戻る

旧型フィアット500のドアハンドルを新品に交換

dh2
dh1
dh4
dh3
dh5

珍しく旧型チンクエチェントのドアハンドルを新品に交換です。

お客様から時々、古ぼけたドアハンドルを新品にして欲しいと依頼があったりしますが、商売気の無い私は、「換えなくてもこのままでいいんじゃないですか?多少メッキが痛んでたほうが味もあるし歴史が感じられて」と自分の好みを少し押し付けながらお話させて頂く事が多いんですが、今回のお車はメッキがくすんでるだけではなくてハンドル表面がザラザラの凸凹になってて手触りが悪くなっていたので、迷わず新品に交換。

ピカピカツルツルでなめらか~。手触り良好!

ドアの開け閉めのたびにイイ気分♪

dh8

左右ハンドルを同時交換。キーも左右共通で新品です♪

dh7

交換作業中、ドアキーに連結してるプラスチックの棒が折れたのでついでにこれも新品に交換しました。
dh6

ちなみにこれは私のジャンニーニのドアハンドル。

なんだかドス黒い色になってきて多少ザラザラが出始めてますが、今のところ交換予定はまったくありません。笑

追伸です。

でもいつまでもあると思うな新品部品、てことが絶対起きないとも限りませんですしね。今のうちに換えておくてのもありでしょうか?いすゞのベレット乗ってるとよく感じます。

ページの先頭へ戻る

明日とあさって、10、11日はお休みさせていただきます。

ir4
ir5

今日もblogをご覧頂きありがとうございます。

明日あさって、2月10日と11日、お休みさせていただきます。

パソコンのメール返信も遅れると思いますので、よろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

今朝のお散歩日記 ジャンニーニとアバルトのランデブー

os34

不定期開催。今日はアバルト&ジャンニーニでの朝のお散歩をしました。

朝八時、当店を2台でスタート。いつも私は後ろを走ります。走ってるダブルバブルの後ろ姿を見るのが好きだから。(もうひとつの理由は私が方向音痴だから??)
os21

 

コースは今回もCさんにおまかせ。わざと田舎道を走って遠回りしながら目的地の岐阜県関市まで。 アバルトのCさんのおすすめ。カフェアダチさんでモーニングコーヒー♪

あ!このお店、私も知ってる!
os22
os27
os25

そして次は岐阜県美濃加茂市 ヤマザキマザック工作機械博物館
os26
os30
os32
os29

os33

朝早かったのでスタッフさんに了解をもらい面白い建物の前で撮影。

これが博物館の入り口です。地下二階のスペースが工作機械の博物館ですが飛行機や機関車、T型フォードまでもがたくさんの工作機械とともに地下に収められていました。

こんな博物館が近くにあったのを今回初めてアバルト乗りのCさんに教えてもらい知りました。

建物の中にほんのり漂う切削オイルのニオイが学生時代バイトしてた工場のニオイと同じで懐かしさを感じました。

午前11時過ぎ、走りながらそのまま解散です。

晴れた空の下、楽しいひとときを過ごしました。

ページの先頭へ戻る

スポーティーな雰囲気のチンクエチェント

sc6
sc9
sc10

おはようございます。

滋賀ナンバーのお客様のチンクエチェント。

どこにもサソリ印は見当たりませんが、さりげなくスポーティーな雰囲気がとても素敵ですね!

このたび任せていただいた各部のメンテナンスと車検が完了。

他店様にて購入されたお車ですが、このHPをご覧になられて初めてのご依頼でした。

K様。ありがとうございました。

先日ご紹介の福井シングル5ナンバーは新車から日本にある稀少な一台でしたが、こちらのお車も車検証の記載をみてビックリ。

シングルナンバーでこそありませんが、昭和42年に日本に新車として輸入されたお車のようです。

歴代オーナーさんに愛情を注がれてきたからこそ、長く元気なコンデションで生き残ってるんですよね!

 

追伸です。

今回のお車はメカいじりの好きなK様と地元のショップさんの作業で消耗品は既にある程度新品交換済みとお聞きしてましたので、当店では必要最低限の部品交換と各部の調整がメイン作業でした。

完成後、K様より「まるで車が軽くなったようによく走ります。ブレーキのタッチも良くなった。振動も少なくなった」とお喜びの言葉をいただきました。

嬉しいです!K様、また何かありましたらいつでもご相談ください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る